スポンサーリンク

スポンサーリンク

サン電子、恐るべし株価!VR/AR関連の筆頭銘柄

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


サン電子株価チャート
(出典:http://www.nikkei.com/markets/chart/)

サン電子、恐るべし大躍進

2016年4月12日、『サン電子(6736)』の株価が暴騰し、前日比+150円(+16.69%)となる株価1049円をつけました。本日の材料としては、イスラエル子会社がICPOとパートナーシップ契約を締結したことが明らかとなったことです。ICPOとは、国際刑事警察機構のことであり、今となっては知らない人はいないであろう、米アップルとFBI(米連邦捜査局)がもめているiPhone(アイフォン)のロック解除問題で、『サン電子(6736)』のイスラエル子会社がパートナーシップ契約を締結したことにより、スマートフォンをはじめとした携帯型端末のデータ抽出・分析のノウハウを提供する模様。この発表により、後場の株価は寄ることなく力強く一気にストップ高まで達しました。

もちろん、本日は日経平均株価指数も+452.43 (+2.84%)となる16381.22を叩き出しました。まだ、世界情勢には油断することなく注視する必要がありますが、日経平均株価指数は底を打ったとの見方もあり、投資家心理は良化しているとも考えられます。日経平均株価指数の大幅上昇も株価の暴騰をより力強いものにしたと思われます。なお、本日22時現在、PTSの夜間取引でも株価1250円を突破し、ひるむことなく株価の暴騰は勢いづいています。本日の暴騰に限らず、『サン電子(6736)』は、特に今年に入ってから恐るべし株価の暴騰をしています。これはいったい何故なのでしょうか?

大きな材料は、VR/AR

『サン電子(6736)』の株価暴騰を絶対的なものとしているのは、『サン電子(6736)』が有力テーマである、VR/AR関連銘柄の一つであるからです。VR/ARに関しては、2016年3月に『オキュラスリフト』が発売され、同年10月に『プレイステーションVR』が発売される予定です。ハードウェアやソフトウェアがぞくぞく登場することから、2016年はVR元年とも言われています。さらに、投資銀行世界最大手の『ゴールドマン・サックス』は、今後10年でVR市場がおよそ800億ドル(約9兆円)規模になると大胆に予想をしています(参考:2016年はVR元年!PS向けなど新製品ぞくぞく登場 | ネットニュースJP.com / 2016年4月4日)。特に個人投資家の間では、投資銀行最大手だけではなく最有力の『ゴールドマン・サックス』なだけに、その予想に大きく注目しています。

具体的に、東証の市場では、VR/AR関連銘柄として、『サイバネットシステム(4312)』がもっとも人気で、『サン電子(6736)』はそれに次いで2番目に人気な銘柄として知られています。しかし、人気首位の『サイバネットシステム(4312)』を抜いて、『サン電子(6736)』が主役になるのは、案外遠い未来のことではないのかもしれません。今後の『サン電子(6736)』の株価躍進には目が離せません。

VR/AR関連銘柄の一覧

『サン電子(6736)』だけではなく、VR/AR関連銘柄のほとんどの株価が暴騰しています。そこで、その関連銘柄のうち、著者の独断と偏見で選び抜いた一押しの銘柄を以下に一覧としてまとめてみました。調べてみると、どの銘柄も魅力的であることがわかると思います。ただ、投資は自己責任です。この記事に記載された銘柄は、それを知る機会として受けとめてもらえればと思います。

このほか、『コロプラ(3668)』や『gumi(3903)』、『アクセルマーク(3624)』などのソーシャルゲーム主力な企業もVR向けのコンテンツを開発していることを明らかにしています。これらのようなコンテンツ開発だけに留まらず、もちろんそのVR/ARを利用したビジネスも存在します。たとえば、古本市場で有名な『テイツー(7610)』は、VRシアターを本格展開することを発表しています(参考:テイツー(7610)の株価予想!VRシアター運営開始か!? | ネットニュースJP.com)。これからも参入企業がぞくぞく登場することも考えられるため、先に述べた『ゴールドマン・サックス』の予想通り、本当に大きな市場になる日が来るのかもしれません

証券コード 銘柄
4312 サイバネットシステム
4317 レイ
6731 ピクセラ
3393 スターティア
3904 カヤック
6629 テクノホライズン
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする