スポンサーリンク

スポンサーリンク

【原発事故】放射能による水道水への影響は?健康被害・汚染水対策を考える

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


https://pixabay.com/
(出典:https://pixabay.com/)

悲劇の福島原発事故

2011年3月11日の東日本大震災に伴い、福島第一原子力発電所で起こった原発事故から5年。5年経った今でも、この原発事故を引き金として東北地方や関東地方を中心に拡散してしまった放射能の影響に対して多くの人が心配していることと思います。この福島原発事故は決して忘れてはならないことであると思いますし、もちろんそのようなことが起きてしまったことを許すことはできません。しかし、残念ながら、これまでもそしてこれからもこの原発事故は起きてしまった出来事であることには変わりはなく、過去は変えることはできないのです。

この記事『【原発事故】放射能による水道水への影響は?健康被害・汚染水対策を考える』では、これからの未来を安心・安全に過ごすために、原発事故によって心配される放射能をはじめとした有害物質の影響から少しでも自分の身を守ることの重要性やそれぞれが簡単にできる対策を述べています。これからの生活に役立ててもらえばと幸いです。なお、東日本大震災の被災地への募金は以下のサイトで受け付けているようなので併せてご覧ください。

日本赤十字社/東日本大震災義援金を受け付けています 【受付期間再延長:平成29年3月31日まで】: http://www.jrc.or.jp/contribution/140628_000557.html

未だに残る放射能の影響

福島原発事故から5年経ったいまでも、放射能への対応は国を挙げて続いています。たとえば、空気中に拡散した放射性物質はしだいに地面に積もるため表面の土壌を取り除くなどの除染作業や高濃度放射能汚染水が蓄えられたタンクへの対応などです。

しかし、その除染作業の進捗状況はわかりませんし、汚染水タンクへの対応も詳細にはわからないのです。もはや我々一般人には到底わかり得ない次元の話なのかもしれません。過去には福島原発の高濃度放射能汚染水タンクから汚染水が漏れ出し、福島の海に垂れ流してしまったという事態が何度か起きました。ここで重要なことは、もし万が一自分の体内に放射性物質が取り込まれたときに起こる健康被害について知り、そして取り込んでしまわないような予防・対策をとることです

我々の人体への影響

病気のように、放射能は人から人へ移るものではありません。しかし、誰もが想像できるように、汚染された食べ物や飲み物を摂取したり、放射性物質の混ざった汚染された空気を吸ったりすることで、自分の体内に放射性物質が蓄積され被ばくします。もちろん放射性物質は目に見えませんし、それは味も臭いもないため、自分の体内に放射性物質が取り込まれてしまっても気づくことはないでしょう。しかし、そこが放射性物質の一番怖いところなのです。放射性物質は目に見えないからこそ、油断しがちなのですが、その点は病気と同じで気づいたときにはもう手遅れなのです。逆から言えば、限界を超えて蓄積された放射性物質が猛威を奮う手遅れな状態だからこそ、ようやく気づくことなのです。

では、放射能は我々の人体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?また、具体的には、どのような健康被害がもたらされるのでしょうか?人体が長い期間放射能にさらされると、細胞が死ぬ、または細胞分裂が遅れ、さまざまな器官に影響を及ぼすことがわかっています。最悪の場合、がんや白血病といった病を引き起こします。放射能が我々の人体に与える健康へのリスクはひじょうに大きいものなのです。

自分の身を守れるのは自分だけ

福島原発事故において、放射能が拡散してしまった以上、自分の身を守れるのは自分だけです。子供のいる家庭では、これからを生きる子供たちのことを考えると、特に直接体内に取り込む食べ物や飲み物は神経質になったほうが良いかもしれません。なぜならば、放射性物質が付着していた場合には、それを直接摂取してしまうおそれがあるからです。一度摂取すると体内に放射性物質が残り続けますから、自ずと内側から長期間放射能にさらされることになります。さらに、放射性物質は徐々に蓄積されるため、放射能の濃度が高くなっていき、どんどん危険な状態になります。そして何よりも、子供は大人の2倍から3倍も影響を受けやすく、健康被害をもたらしやすいのです。放射能は目に見えないからこそ、それぞれが万全を期す姿勢が大切です。

特に、食べ物以上に飲み物が大切です。なぜなら、食べ物に放射性物質が付着していても、土壌の除染作業のようにある程度は洗い流すことも可能だからです。しかし、飲み物、すなわち水はそのようなわけにはいきません。もし万が一海に汚染水が流れてしまっているとしたら、それはやがて雲となり、雨となり、川を経由して、主に水道水として我々の家庭にやってきます。液体である水に、放射性物質が溶け出しているとすると、液体中に汚染した部分を除去することは簡単なことではありません。さらに、水は成人で一日に2リットルを消費すると言われています。少なくとも料理において、水を使って材料も洗います。汚染水で洗うと、材料が汚染されていなくとも汚染されることになります。すなわち、全ての源となる水に対して対策をとることこそが、全体の対策につながるため、もっとも重要な対策であることがわかると思います。

水は外部から調達すべし

言うまでもなく、水道水ではなく、それ以外の水を使わなければなりません。そこで、いま注目を集めているものが、ウォーターサーバーなのです。ショッピングモールなどでキャンペーンをやっているのを見かけたことのある人も少なくはないのではないでしょうか。正直、ウォーターサーバーの売りは、水道水の塩素の被害を回避するため、そして美味しい水を飲むためなのですが、今回の放射能が心配される事態においては、それ以上に重宝します。ウォーターサーバーの一般的に言われているメリットは、①いつでも体の良い美味しいお水が飲めること、②お水は定期的に届けてくれるから手間がかからないこと、③物によっては、水だけでなくお湯も利用できることが挙げられます。

では、どのようなウォーターサーバーがあるのでしょうか。ウォーターサーバーを提供している企業のサービスを見ていきましょう。わかりやすいように、各企業のイメージ図も盛り込んでいます。そのイメージ図をクリックすると、各企業の提供するウォーターサーバーの詳細を確認できます。




【ポイント】
● 家庭でもやさしい、軟水の利用
● クラス100の空気清浄度を保つ、クリーンな生産体制
● 厳重な品質管理項目を用いた、群を抜いた高品質



【ポイント】
● 「お水の代金のみ」で利用できるウォーターサーバー
● 選べる豊富な天然水(ビタミン・ミネラル分の含有量が異なる)
● 女性にうれしい、持ち上げなくても可能なボトル交換



【ポイント】
● まさかの飲み放題で料金定額!料金面でも大幅にお得!
● ボトルが無いため、ボトル受取り/保管場所確保/ボトル設置作業がゼロ
● ボトル原材料の石油、ボトル運送のガソリン代などゼロのエコに貢献



【ポイント】
● 驚異の「レンタル料金無料」「送料無料」
● 卓上やこたつの上に設置可能なショートタイプのウォーターサーバー
● 女性にうれしい、持ち上げなくても可能なボトル交換



【ポイント】
● 3つの産地から選べる天然水
● 4タイプのスタイルから選べるウォーターサーバー
● 3つのお得な選べるキャンペーン



【ポイント】
● 軟水でまよやかな天然水を利用
● リーズナブルな価格
● 24時間電話医療健康相談、WAONカードなどオリジナルサービス多数
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする