スポンサーリンク

スポンサーリンク

これが暗記教材の究極系か!?おすすめ教材「暗記力養成講座」

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


暗記パン
(出典:http://buzzschool.asia/article/298/)

『暗記』、それは学生でも社会人になっても大切なスキルの一つです。学生であれば、英単語や日本史・世界史など、社会人であれば、お客様への対応マニュアルや業界用語など、あらゆる場面で『暗記』を強いられることが多いです。特に、英語は学生や社会人で共通して、単語や文法を『暗記』しなければならない科目の一つです。やはり多くの人が『暗記』の重要性を認識しており、「簡単に暗記できれば」「楽に暗記する方法があればいいのに」などと思う人もやはり少なくはないと思います。この記事『これが暗記教材の究極系か!?おすすめ教材「暗記力養成講座」』を読んでいるあなたもその一人なのかもしれません。ちなみに、自分の場合は、上記のような単語・文法をはじめとした英語学習、用語などを出題してくる資格試験対策など暗記しなければならないことが多いです。

そんななか注目を集めていて自分が出会ったのが、以下のリンクにも貼っている教材『暗記力養成講座』です。なんと東大生も愛用しているという驚きの教材!自分の考えるこの教材の大きなポイントは、著者祐樹さんの過去の経験も加味されている点です。以下のリンク先で確認できますが、祐樹さんはプロフィールで「記憶力が弱いこと」「海外での英会話での苦労」を明かしています。自分自身が記憶力が弱いからこそ、記憶力の弱い人と同じ立場で同じ視点で考えることができ、さらに、英会話での苦労を通して、英語においてつまづくポイントやテクニックがわかっているのだと思います。また、ただただ『暗記力』に関する理論を述べてやり方は読者に投げるのではなくて、『エクセルを利用した勉強方法』など読者でも簡単にできる具体的な手法に落とし込んでいる点がすごく良いところ。このようなノウハウやテクニックは、これまで祐樹さんが何年、何十年と実践してきた試行錯誤の賜物なのだなと思います。この教材『暗記力養成講座』は、教訓のようなデザインで設計されており、飽きずに読み進めることができることがとてもGOOD!つまらない文章の連続は、一番大事なやる気をそいでしまいますからね。。195ページとかなりのボリュームですが、ノウハウやテクニックの集大成の証だと思って、自分の実践できる範囲から行動に移していくことが良いと思います。※ 受験英語を学習する中高生には向いていないということなので、その点だけは注意してください。

東大生も愛用する暗記法!忘れやすい英単語もガッチリ覚える【祐樹式暗記力養成講座】


著者:Mr.Almighty
日常的に英語に対して情熱をもって取り組む社会人。わずか勉強から18.5ヶ月で、TOEICスコアを455→870(+415)まで上げる。現在は英会話教室GABAに通っている(オンライン英会話はお休み中)。私生活では、上級者向け練習方法であるディクテーションにチャレンジ。多くの人のスコアが少しでも上がるように、本ブログを通して勉強方法を発信。

以下のリンクは、将来的に英語を使いたいという情熱をもつ一方で、英語が苦手な人を対象に立ち上げた、ブログ式情報発信型英語学習ページです。ここでは、初心者から上級者へとステップアップするための、英語の勉強方法や学習教材をまとめています。このページを利用すれば、必ずや英語を克服して得意にすることのできるヒントを得られると自負しています。 ⇒ 英語入門 | ネットニュースJP.com
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする