スポンサーリンク

スポンサーリンク

『FF7リメイク』(PS4)は分作で発売!3部作でプレイ時間は各30時間か!?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


FF7リメイク
(出典:http://www.meristation.com/)

『FF7リメイク』は、3部作展開!?

2016年4月6日、『ファイナルファンタジーVII Remake (FF7リメイク)』に関する新情報が新たにわかりました。海外のゲーム誌『Gameinformer』に、シリーズ最新作『ファイナルファンタジーXV (FF15)』が特集されているようなのですが、同記事には、『FF7リメイク』に関する情報も記載されていたのだとか。その内容によると、これまで分作で発売といわれていた『FF7リメイク』ですが、正確には『ファイナルファンタジーXIII (FF13)』のように3部作としてリリースすることが明かされています。また、それぞれのプレイ時間は、30時間に及ぶとのこと。さらに、開発期間10年間の『FF15』に比べて「、非常に短いサイクルで開発を進めたい」とも話していたようですね。現物を確認できていないので、この情報の真意は不明ではありますが、今後の『FF7リメイク』の発表に期待したいところですね。

・「FF7リメイクに関して」
・リリースのモデルとして「FF13サーガ」(本格的な3部作)のような展開
・それぞれのゲームは、FF13のボリューム、と具体的に表現
・つまり、フルスケールの30+数時間
・彼らは「計画に関して、条件の変更に関する提案は何もない」と言っている
・彼らは、ハッキリと全てを変えてはいないと言うが、北瀬・野村・野島は、オリジナルのゲームに関わっていたので、ファンが望むものを追加・変更する自由も持ち合わせていると感じている。
・彼らはまた「FF15」よりも、非常に短いサイクルで開発を進めたいと明言
(出典:http://www.ff-reunion.net/ff7r/2016/04/06/ff7-remake-looking-at-ffxiii-saga)

『FF7リメイク』は、フルボイス!デートもボイス付!?

日本国内での『FF7リメイク』インタビュー記事は、2015年12月に発売された『電撃プレイステーション』で、野村哲也さんと北瀬佳範さんに対するものが最新です。そのインタビューでは、『FF7リメイク』がフルボイスになること、最近流行りのオープンワールドとは限らないこと、開発段階がまだ初期であることなどが明かされています。

Q:ボイスについて
野村氏「基本的にはフルボイスになる。なのでFF7ACで声が当てられていないキャラは、新たに決めないといけない」

Q:デートイベントもフルボイス?
北瀬氏:そこも対応しないわけにはいかない(笑) ただ、当時と社会情勢が違っているので、オリジナルのイベント再現は慎重に対応する必要がある
野村氏:蜜蜂の館とかね(笑)

Q:マップはオープンワールド?
北瀬氏:まだなんとも言えないが、いわゆるオープンワールドやサンドボックスと呼ばれる形にこだわるつもりはない。ただ、野村は背景の作りにもこだわっているのでキャラのアクションが背景に影響を与えるような環境は表現したい。

Q:ミニゲームは?
北瀬氏:ファンの方々の印象に残ってるミニゲームはなるべく入れたい
野村氏:大きいものから小さいものまで多くあったが、全てを最新技術で作る必要があるのかというと、少し検討が必要
北瀬氏:開発スタッフもミニゲームをどうするのかは気にしている

Q:製作状況について
北瀬氏:やっとスタート地点に立てたという段階。バトルについても構想はあるが、実際にゲームに落としこむにはまだまだ時間がかかる

Q:FF7の20周年となる2017年、さらにオリジナル発売日である1月31日は?
北瀬氏:現時点ではなんとも言えません(笑)
野村氏:自分は2016年に『KH HD 2.8』や『ワールドオブFF』などが控えている。次に情報を出せるのはそれらが一段落ついてからになるかと思う
(出典:http://www.ff-reunion.net/nomura_tetsuya/2015/12/22/ff7r-nomura-and-kitase-interview)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする