スポンサーリンク

スポンサーリンク

小島秀夫監督がコナミを退社!その理由とは!?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


小島秀夫監督
(引用元:http://damonge.com/p=6097)

2015年12月15日付けで、小島秀夫監督がコナミを退社することが明らかになりました。小島秀夫監督は、ゲーム業界において知らない人はいない、日本を代表するゲームクリエイターの一人です。小島秀夫監督の代表作は、ステルスゲームとして有名である『メタルギア』シリーズ。その第一作は、1987年7月13日にMSX2用に発売された『メタルギア』で、小島秀夫監督のデビュー作でもあります。今年2015年9月には、PS4/XBOX One用の最新作『メタルギアソリッドV ファントムペイン』を発売しています。

コナミ退社の理由は、コナミ広報によると「12月15日付けで契約期間満了につき」とされていますが、2015年12月4日の『THE GAME AWARDS 2015』の表彰式に、小島秀夫監督が出席することができなかったことと関係があるのでしょうか。世界でも名高い小島秀夫監督だけに、インターネット上ではさまざまな憶測が飛び交っているようです。

なお、今後は、新スタジオ「コジマプロダクション」を設立するとしており、新作の開発に着手するとしています。すでに、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と契約を締結、新スタジオとしての第1作をPS4向け独占タイトルとして制作することを明らかにしています。小島秀夫監督は、自身のtwitterで「12/15日をもってコナミとの契約終了となり、今日から新たなるスタートをきることとなりました。今後も”生涯現役”で立ち止まる事なく、可能な限り”物創り”を続けていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。」と、小島秀夫監督の友人、知人、関係者、ファンに対してメッセージを綴っています。


今後の『メタルギア』シリーズはどうなるのか、そして、小島秀夫監督と新生「コジマプロダクション」の次回作はどのようになるのか、続報に期待です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする