スポンサーリンク

スポンサーリンク

空売りネットの見方・使い方 | 個別銘柄や金融機関の空売り残高情報を調べる

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


karauri-net

空売りネットとは

『空売りネット』とは、上場企業に対して投資だけではなく空売りも実施する金融機関、いわゆる空売り機関の空売り残高を、個別銘柄別、あるいはその空売り機関別に調べることのできるサービスの一つです。このサービスを使えば、どの銘柄がどのくらい空売り機関に空売りされているのか、あるいはどの空売り機関がどのような銘柄に空売りをしているのかを調べることができます。

特に、自分が購入しようと考えている銘柄の空売り機関の空売り残高は気になりますよね。空売り機関は、投資のプロなわけですから、その銘柄のこれまでの業績や今後の見通しまで考えた上で空売りをしているとも考えられます。そのため、ある銘柄を購入するときには、知っておきたいというのはあるでしょう。

空売りネットの見方・使い方

空売りネット
http://karauri.net/

上記の『空売りネット』のリンクから、まずサービスの内容を確認してみてください。この記事では、『空売りネット』の一通りの見方・使い方を紹介しています。実際に自分で操作すると覚えも早いです。『空売りネット』を「新しいタブ」で開いて並べて、この記事を確認しながら操作すれば、簡単に見方・使い方をマスターできると思います。なお、『空売りネット』において、特に利用頻度の高いと思われる項目を順に説明しています。

ただし、この記事に載せているものは、2016年6月時点のものであり、デザインやユーザーインターフェイスが変わる可能性がありますので、その点はあらかじめご了承ください。また、この記事では、PC版をベースに見方・使い方を紹介していますが、スマホ版やモバイル版でもあまり見方・使い方に大きな違いはありません。

個別銘柄別の空売り残高

個別銘柄ごとにどのような空売り機関がどのくらい空売りをしているのかを確認することができます。基本的には、調べたい個別銘柄の銘柄、もしくは証券コードを該当の入力欄に入力するだけです。銘柄検索では、ローマ字表記やカタカナ表記などの変換はされないので、証券コードで調べたほうが確実です。

個別銘柄ごとに、一日単位で空売り機関の空売り残高を確認できます。これらのデータは連続性のあるもので、ある日に空売り機関名が載っている場合には、その空売り機関の空売り残高は最新の結果が表示されています。

▼ 銘柄、もしくは証券コードを入力します。


karauri-net

▼ 個別銘柄の空売り残高が確認できます。空売り機関の、その日現在の空売り残高が表示されています。


karauri-net

空売り機関別の空売り残高

空売り機関ごとにどのような銘柄に対してどのくらい空売りしているのかを調べることができます。基本的には、調べたい空売り機関名を選択するだけです。『空売り機関』ランキングのページから、調べたい空売り機関をクリックします。

空売り機関ごとに、一日単位で空売りした銘柄と空売り残高を調べることができます。これらのデータは連続性のあるもので、ある日に載っている銘柄には、その空売り機関の空売り残高は最新の結果が併せて表示されています。

▼ 空売りネットホームから『空売り機関』をクリックします。


karauri-net

▼ 調べたい空売り機関の名前をクリックします。


karauri-net

▼ 空売り機関の空売りの様子を確認できます。個別銘柄と空売りの状況を調べられます。


karauri-net

空売り残高のランキング

個別銘柄ごと、空売り機関ごとの空売り残高を調べ方を見てきましたが、たとえば空売り残高が多い順に並べたランキングなども確認できます。市場全体を通した空売り機関の動向が一目でわかるため、定期的には見ておきたいページですね。

▼ 空売りネットホームから『空売りランキング』をクリックします。


karauri-net

▼ 各種ランキングを確認できます。


karauri-net

まとめ

いかがでしょうか。投資家ならば、少なくとも参考程度にでも見ておいたほうが良い、空売り機関の空売り残高。やはり、投資のプロがどのような銘柄に対して、どのように空売りしているのかを知ることもまた勉強の一つではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする