スポンサーリンク

スポンサーリンク

機内にそっくりさんの写真話題に!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

現在、Facebookやtwitter上で、とある写真が話題となっています。その写真とは、「機内にそっくりさん」。皆さんは、自分にそっくりな『ドッペルゲンガー』の存在を信じますか?もし自分のそっくりさんがいたら、どんな反応をしますか?全く想像ができないことですよね。。

いままさに、その『ドッペルゲンガー』ともいえる現象が起きており、大きな話題となっているのです。その話題の写真は、本人たちが自撮りし、奥さんの友達がtwitterにあげています。さらに、同じ機内だけでなく、同じホテルにチェックインし、たまたま出かけたらパブでも鉢合わせしたのだとか。本人たちは、「ものすごく変」だったと話しているようです。


そっくりさん

Guy on right is the husband of my friend @elrottencrotch.
Guy on left is a STRANGER he met on a flight last night!
(引用元:https://twitter.com/leebeattie/status/660005167337730048/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw)

twitterによると、右の男性が、このツイートをした奥さんの友達の夫であり、もう片方の男性がツイートをする前夜に機内で出会ったそっくりさんのようです。もはやどちらが『ドッペルゲンガー』なのかはわかりませんが、ひじょうに興味深い体験ですよね。

でも、正直ここまで似ていると怖いくらいです。でも、「見たら、、、」といわれる『ドッペルゲンガー』は、一般的に「多くは動かない」「人間と会話しない」などの特徴があるようなので、それらの観点からみるとこの男性は『ドッペルゲンガー』ではなさそう。ちょっと一安心ですね。以下に、『ドッペルゲンガー』の定義を貼付していますので、もし興味のある人は参考にしてもらえればと思います。

典型的なドッペルゲンガーは、

・目の前数十センチないし数メートルのところ、あるいは側方に、はっきりとした自分自身の像が見える
・多くは動かないが、ときには歩行、身振りに合わせて動作する
・全身像は少ない。顔、頭部、上半身などの部分像が多い
・一般に、黒、灰色、白などモノトーンであることが多い
・平面的で立体感を欠き、薄いという場合もあれば、ときにはゼラチン様ないしガラス様に透明な姿で見えることもある
・自己像は自己自身の姿とかならずしも似ておらず、表情が異なったり、衣服が異なったり、さらには若かったり甚だしく老けて見えたりすることもある

その他の特徴として、

・周囲の人間と話をしない
・本人と関係のある場所に出現する

などがあります。
(引用元:http://matome.naver.jp/odai/2133322278702484101)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする