スポンサーリンク

スポンサーリンク

世界最速の乗り物 、その時速はなんと744キロ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

地上最高速度の乗り物ーー
その疑問から皆さんは何を思い浮かべますか?

多くの人は、鉄道の新幹線やリニアモーターカーを思い浮かべることでしょう。新幹線の最高速度は時速320キロ、リニアモーターカーのそれは時速600キロであるといわれています。ちなみに、このリニアモーターカーの最高時速は、最近明らかになったものです。2015年4月21日、JR東海が山梨県のリニア実験線で高速域走行試験を行い、そのときに時速603キロを記録しました。なお、これは有人走行の鉄道においては、世界最高速度となっています(※営業運転は、時速500キロの予定)。

この記事『世界最速の乗り物 、その時速はなんと744キロ!』で紹介する乗り物は、そのリニアモーターカーを超え、最高速度時速744キロを超えるといいます。その気になる乗り物は、なんとレーシングカー!まさかの車なのです!2011年8月に、地上最速時速685キロの記録を作った米のレーシングチーム「スピードデーモン」が、その自己記録を更新しました。そのときの最高速度が、時速744キロ!人間が地上で乗る乗り物のなかでは、最も速い速度であるといわれています。

その動画が YouTube にアップロードされています。その速度はあまりにも速く、周りに走っている車が遅く感じます。むしろ、ここまでくるとハンドルを握っていること自体が怖いくらいですね。このレーシングカーの速さはもちろん、近代的にデザインされたボディにも惹かれますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする