スポンサーリンク

スポンサーリンク

経営戦略コンサルタントを目指す人が最初に読むべき良書 | 業務内容、共通点、採用面接等を知る

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

経営戦略コンサルタントとは

皆さんは、経営戦略コンサルタントがどのような職種であるのかを知っていますか?実際には、どのような業務をしているのか?ITコンサルタントや会計コンサルタント、ビジネスコンサルタントなど、ほかのコンサルタントとの違いは、どのような点にあるのか?などについて、しっかりと自分の口から説明することができるでしょうか?

この記事を読んでいる人はおそらく、経営戦略コンサルタントの職種に少しでも興味を持っている、もしくはすでに目指そうとしていて、まずは情報収集から始めているという人が多いのではないかなと思います。この記事では、そんな経営戦略コンサルタントに興味をもつ、あるいはそれを目指す人が、まず最初に読んでおくべき良書を、その特長を踏まえて紹介しています。

良書を通して、現時点では未知の世界に近いであろう経営戦略コンサルタントがどのような職種であり、経営戦略コンサルタントになるためには、具体的に何をすべきか?どのような準備をすべきか?そのアプローチがわかるようになります。また、これらの良書を読み終わったときには、経営戦略コンサルタントについてのイメージが具体的な形として頭に残り、これまで未知だった世界を現実の世界として捉えることができるようになると思います。

経営戦略コンサルタントを目指す人が読むべき良書

本記事では、以下のような2冊の良書を紹介し、その書籍を通して、それぞれどのようなことを知ることができるのか、どのようなことを学ぶことができるのかについてをまとめています。それぞれ関連する書籍がある場合には、それも合わせて紹介していますので、興味のある方は、関連書籍までチェックしてみてください。

  • この1冊ですべてわかるコンサルティングの基本 (日本実業出版社)
  • 戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策 (ダイヤモンド社)

なお、それぞれの書籍において、大手通販サイト・アマゾンのリンクを貼付しています。そこに記載されたレビューや口コミも見ておくと、多面的な評価が得られるため、ぜひ併せてご確認ください。

この1冊ですべてわかるコンサルティングの基本


コンサルティング

この1冊ですべてわかるコンサルティングの基本』(日本実業出版社)は、就職・転職支援サイトとして知られているムービンのコンサルタント業界の知識人が執筆しています。そのため、実際の事情に則った情報を得ることができます。

本記事で取り上げている経営戦略コンサルタントに関することだけではなく、ITコンサルタント、シンクタンクなど、いわゆるコンサルタント全般についてを網羅的に学ぶことができます。そのため、それぞれのコンサルタントについて体系的に理解することができ、かつそれぞれの共通点・相違点についても知ることができます。

各種コンサルタントの具体的な業務内容1日のスケジュールもまた知ることができます。これにより、一般的に多忙とも言われているコンサルタント業務について、頭の中に具体的なイメージとして把握することができます。

特に、コンサルティングファームに、大学もしくは大学院卒業後に新卒としてそのまま入社するべきか、一般的な事業会社で一通り業務を知ったうえで中途として入社するべきか、悩んでいるという学生も少なくはないと思います。それぞれのメリット・デメリットを就職・転職エージェントとしての視点でまとめられているため、現時点で経営戦略コンサルタントを目指す人にとっては、この部分だけでも価値のある情報でしょう。

このように、コンサルタントについて、誰もがまず知りたいと思うような内容が、この一冊に凝縮されています。コンサルタントを目指す人が、入門書として最初に読んでおきたい必携の書籍でしょう。

戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策


コンサルティング


ガソリンスタンドは、世界で何個ありますか?

皆さんは、論理的な思考のもとで、この質問に答えることはできますか?経営戦略コンサルタントを目指すうえで、ケース面接やフェルミ推定を避けては通れないです。

戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策』(ダイヤモンド社) は、米で発売された洋書 “Case In Point, Fifth Edition: Complete Case Interview Preparation” by Marc P. Cosentino を日本語に翻訳したものです。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニーといった大手戦略コンサルティングファームを志望するならば、採用試験前には必ず読んでおくべきともいえる、ケース面接対策用のバイブルです。

この『戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策』 (ダイヤモンド社) では、もちろんケース面接の概要から始まり、その攻略のポイント、利用できる思考のフレームワークをまとめたうえで、計36個のケースとその個々のケースに対する、ある面接官とある受験生による面接のロールプレイングが掲載されています。そのため、ケース面接の基本から、ケースとその具体的な回答方法例まで、ケース面接対策として教科書と問題集の両方の役割を備え、一連の知識・技術を学ぶことができます。

また、『戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策』(ダイヤモンド社) の大きな特徴としては、テーマ別にケースがまとめられていることはもちろんですが、マッキンゼーの7SやBCGのプロダクトポートフォリオマネジメントといったフレームワークの紹介に留まらず、ハーバード大学ビジネススクールの教育担当の著者が創り上げたアイビー・ケース・システムが掲載されていることが挙げられます。このアイビー・ケース・システムを利用すれば、単一のフレームワークを個々に利用するのではなく、あらかじめ組み合わせたシステムとして捉えることができ、さまざまなテーマ性をもつケース面接において、一貫したアプローチで進めることができます。

このように、コンサルタントのなかでも経営戦略コンサルタントを目指す人のが読むべきバイブルであり、そもそもコンサルタントを目指さない人にとっても、論理的な思考を学ぶための書籍としておすすめしたい良書です。なお、この書籍には姉妹編ともいえる、『戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法 マッキンゼーの元面接官が教える秘密のノウハウ』(ダイヤモンド社)が出版されています。併せて読破することで、ケース面接に対する知識が深化すると思います。

まとめ

いかがでしょうか?本記事では、経営戦略コンサルタントに興味のある人、もしくは目指す人が、まず最初に読むべき良書を紹介してきました。それぞれの良書がどのような書籍であるのか、なぜ経営戦略コンサルタントを目指す人が注目する書籍なのかが理解できたと思います。

これらの良書を読むことで、仮に経営戦略コンサルタントにならなかったとしても、コンサルティング業界の体系的な理解や今後の人生に参考になる思考方法を手に入れることができるため、ひじょうに有意義な時間を過ごすことができます。興味のある方は、これらの書籍を一読しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする