スポンサーリンク

スポンサーリンク

成長する人としない人、仕事で伸びる人の特徴はコレだ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


https://www.pakutaso.com/

皆さんは、仕事でぐんぐん力をつけて成長する人の特徴を考えたことはありますか?これまで仕事をしてきたなかで、「この人、いつの間にいろんなこと知ってるの?」「この人、いつの間にこんなことできるようになったの?」など思うことはそれぞれあることと思います。あるいは、入社したばかりの新人がすでに力をつけていることもあると思います。これは特に、広く深い知識というよりは即戦力となる技術が要求されるエンジニア職で見られることです。

この記事『成長する人としない人、仕事で伸びる人の特徴はコレだ!』では、仕事において成長する人の特徴を、著者自身がこれまで観察してきたことも交えて、4つにまとめてみました。その4つの特徴とは、『積極的にアタックする』『圧倒的な自信に満ち溢れている』『根っからの考える人である』『物事の間にメリハリがある』です。それぞれの特徴を順を追って見ていきましょう。

積極的にアタックする

成長する人の多くは、常に物事に積極的にアタックするという特徴があります。この積極的な姿勢は、好奇心やチャレンジ精神とも言い換えることができると思います。

具体的には、日々の業務において、自分の責任範囲や最低限やらなければならないことにとどまらずに、新たな仕事を自分から見つけて行動したり、今は関係のない(将来的に関係はあるが)ミーティングに参加しようとしたりと、自分の関わる領域を少しでも広げるという姿勢が感じられます。人によっては、たとえそれが会議室の予約や飲み会の幹事といったようないわゆる雑用でも役割を見つけて積極的に動きます。

実は、これは日々の業務だけに関するものではなく、私生活においても同様です。私生活において、業務に関する知識や技術を身につけるために、勉強をしている人も少なくはありません。いかに早く仕事の関連知識・関連技術を習得して、それを成果に結びつけてアウトプットし、モノにするかを考えているのです。

圧倒的な自信に満ち溢れている

成長する人の多くは、自分の言動や行動に自信をもっているという特徴があります。しかも、その自信は中途半端なものではなくて、圧倒的な自信を見せます。その言動や行動に対して、「なぜそこまで自信があるの?」と言いたくなるほど。

しかし、その言動や行動には常に理由があり、合理的に考えて動きます。そのこともあってか、怖気付くことがないというか、自分の考えを理由とともにはっきりと言います。ただ、その自分の言動や行動が明らかに間違っていることがわかったときには、素直に受け止めているようですね。

根っからの考える人である

成長する人の多くは、常に頭を回転させています。ある出来事が存在すると、その理由を考えます。具体的には、ある目的を達成するために2種類の方法があり、どちらか一方が選ばれた場合には、その理由を考え、自分でわからなければ他の人に聞いて理解します。言ってみれば、これは当たり前のところではありますが、その当たり前ができていない人も少なくはない気がします。

成長する人は、一つ一つのことに対して妥協することなく考え続ける、いわば根っからの考える人なのです。仕事においてはもちろんですが、私生活においてもぼうっとしている時間がないのではないでしょうか。無駄な時間があまりないように感じられます。

物事の間にメリハリがある

最後の特徴は、日々の仕事とその仕事外の間には、きっちりとしたメリハリがあることです。仕事の時間には、少なくともやらなければならない仕事はしっかりとして、仕事の時間以外では、飲み会に参加したり、自分の時間に費やしたり、上記のように私生活においても勉強したりするなど、一つ一つの物事が独立しており、きっちりとした時間管理がされていることです。

仕事の進捗によっては、なかなか時間通りにはいかないことも少なくはないと思いますが、多くの人が見習うべき点であると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする