スポンサーリンク

スポンサーリンク

リベンジポルノ 動画や写真の流出を防ぐ対処法とは

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

『リベンジポルノ』とその実態

最近『リベンジポルノ』という言葉をテレビやインターネットのニュースから聞きます。この『リベンジポルノ』は、過去に交際していた、もしくは結婚していた異性の裸の写真や動画などを、相手から交際を拒否されたことの仕返しに、本人の断りなしにインターネットをはじめとした公共の場に公開する行為のこと、もしくはその写真や動画そのものをいいます。最近では『リベンジポルノ』の被害にあう女性が多く、この深刻な問題が徐々に認知され始めてきています。

『リベンジポルノ』の被害にあった女性は、インターネット上に公開されてしまった自分の裸の写真や動画をいつ誰に見られているのかわからなく、人の視線が怖くなってしまうといわれています。もっとも卑劣な行為が、不特定多数が閲覧できるインターネットだけでなく、その被害者の友人・知人に対して、写真や動画を送り付ける行為です。自分の知っている人が裸の写真や動画を見ていると思うと、精神が病んでしまうことは容易に想像することができます。

リベンジポルノ

別れた恋人や配偶者に対する報復として、交際時に撮影した相手方のわいせつな写真や映像を、インターネットなどで不特定多数に配布・公開する嫌がらせ行為及びその画像。かつて親密であったが関係がこじれた結果、相手に対して恨みや害意を抱き何らかの復讐(ふくしゅう)や嫌がらせを行うことは、従来からしばしば散見された。これに伴う具体的な犯罪事実や不法行為があれば、当然にそれぞれに応じた法制度などによって抑止もしくは裁かれてきた。近年になって、報復の手段として「リベンジポルノ」が多発し、その影響が深刻化している。要因としては、インターネットや撮影機能のあるスマートフォンなどの普及により、個人の情報発信が容易になったことなどが挙げられる。2002年には、出会い系サイトで知り合った少女の写真を、インターネットに流出させた男が摘発され、「児童ポルノ公然陳列」と「名誉毀損(きそん)」で裁かれるという事件があった。このほか、元交際相手の裸の写真を掲載したり、公開すると脅して強要罪に問われたりという事件が相次いでいる。現行法では、事案の内容により脅迫罪、強要罪、わいせつ物公然陳列罪、わいせつ電磁的記録媒体物頒布罪、名誉毀損罪などが適用される。しかしながら、プライバシーの侵害や「忘れられる権利」について、また被害者が自業自得などと他人から中傷されることなどについて、法制度の不備が論議されている。13年秋の国会では、野党議員からの質問に「現行法で対応できる」と法務大臣の答弁があったが、与党内でも新法や法改正を求める動きがある。
(引用元:コトバンク – リベンジポルノ)

[adsense-middle-01]


『リベンジポルノ』の取り締まり厳しく

近年『リベンジポルノ』の取り締まりも徐々に厳しくなってきました。警視庁提供の情報によると、『公表罪』や『公表目的提供罪』などに問われることになります。さらに、ツイッターやLINE上で元交際相手の裸の写真や動画をアップロードした人も過去に実際に逮捕されており、この『リベンジポルノ』に対する取り締まりは徐々に厳しくなってきています。

万が一、自分の裸の写真や動画が、インターネット上で公表されてしまった場合、プロバイダー等を通じて削除の要請をすることが可能です。そのような事態に陥ってしまった場合には、速やかにプロバイダーに対して削除の依頼をしましょう。また、自意識過剰になってしまうことがあると思いますが、インターネット上に公開されている情報はたしかに不特定多数の人に閲覧されますが、自分の友人・知人が必ずしも閲覧しているとは限らないのです。

公表罪
第三者が撮影対象者を特定できる方法で、私事性的画像記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者
 ⇒ 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

公表目的提供罪
公表させる目的で、私事性的画像記録(物)を提供した者
 ⇒ 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
(引用元:http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/shiseigazouboushi/)

[adsense-middle-02]


『リベンジポルノ』の予防策・対処法

『リベンジポルノ』の予防策・対処法としては、やはりその写真や動画を断固として撮らせないことにつきます。正直付き合っている異性のことを信じたいという気持ちはあると思いますし、それは大事なことであると思います。「別れたときのために」というふうに考えること自体が悲しいことかもしれません。しかし、実際にこの『リベンジポルノ』という問題がひじょうに多く発生している以上、油断をしないに越したことはないのです。「別れたときのために」裸の写真や動画を撮らせないのではなく、もともと裸自体を写真や動画に撮るものではないと発想を転換させましょう。

さらに、異性に写真や動画を撮らせなくても、隠し撮りをしているということも可能性として考えられます。自分の知らないうちに撮られているなんてことにならないように十分に注意しましょう。そして、常日頃から『リベンジポルノ』に対して真摯に向き合い、しっかりと予防・対処をしていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする