スポンサーリンク

スポンサーリンク

電源・配線周りの整理収納方法 | オススメなアイテムも紹介

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


5s

電源・配線周りを整理収納する方法

ある時気が付いたら、電源周りがごちゃごちゃになっていたり、配線がからまっていたりしませんか?最近では、スマートフォンやタブレット、また、Bluetoothのイヤホン・ヘッドホンなど、USBケーブルを用いて充電するタイプも増えてきたこともあり、より「電源周りが整理しきれていない」「配線がうまく収納できていない」などの状況に陥りやすいですよね。さらには、デバイスの種類によっては、対応する充電器の電源アダプターが大きすぎて、すぐ横のコンセント差込口が使えないなどの弊害もあります。

この記事『電源・配線周りの整理収納方法』では、そんな電源・配線周りのトラブルを回避するために、さまざまなパターンに分けて、オススメな整理・収納の方法を提案しています。ただ提案するだけでなく、その整理・収納を実行するために必要なものがあるときには、Amazonや楽天のリンクを貼るなど、商品の画像や詳細など具体的なイメージを提供していますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

USB充電はシンプルにまとめて一つに

最近になって、スマートフォンやタブレットをはじめとした携帯型端末が増えてきましたよね。これらのデバイスは、Lightningケーブル(Apple社規格のiPhoneやiPadなどに使われるケーブル)やUSBケーブル(正確にはmicro USBケーブル)と、USB差し込み口とコンセントが一体となったアダプタを接続して充電することが多いと思います。

【USB端子で充電するタイプのもの】
▼ USBケーブル ▼ Lightning ケーブル
5s 5s
スマートフォン(Android)、Bluetoothのイヤホンなどの充電に利用 iPhone、iPad、iPodなどの充電に利用

これらのLightningケーブルやUSBケーブルを用いて充電するときに重宝するものが、差し込み口が複数個ある電源アダプタです。これを利用することで、この一つのアダプタだけで複数個のデバイスの充電が一元管理できるため、シンプルかつ省スペースですし、何しろ使っていて気持ちが良いのです。

▼ 充電を一か所にまとめられます。Lightning ケーブルもUSBケーブルも差し込めるから、ひじょうに便利です。


5s

以下のリンクのように、『電源コードがあるタイプ』と『電源コードがないタイプ』があります。出力アンペアが大きいほうがパワフルなものであり、タブレットなどの大きなデバイスでも素早く充電することができます。携帯型端末は、この差し込み口が複数個ある電源アダプターで整理収納することがオススメですね。

電源タップはスイッチ式が便利

電源タップは、コンセント差込口が複数個に増やせるものであり、延長コードとしても利用できるものです。自分の電源を置きたい場所におくことができるため、電源・配線の整理収納には、最も基本的なツールであると思います。電源タップに電源タップをつけることは、たこ足配線となり、とても危険なので注意が必要です。

電源タップですが、最近ではスイッチの付いている電源タップも販売されており、スイッチさえ切ってしまえば、コンセントを電源に差し込んでおきながらもコンセントを抜いたような効果を得ることができます。コンセントは使わないときには抜いておくことが基本ですが、わざわざコンセントを抜いておくのも面倒ですよね。そこで、このスイッチ式電源タップがオススメというわけです。

▼ 電源差込口も複数完備のスイッチ式のコンセントです。これは、かなりオススメ。


5s

フレキシブルな電源タップ

使いたい充電器の電源アダプターが大きくて、すぐ横のコンセント差込口がまったく使えないなんて経験はありませんか?せっかく電源タップが複数個のコンセント差込口を作ってくれているのに、その意味がなくなってしまいますよね。特に携帯型端末をもっている人ならば、だれでも一度は経験したことのあることかなと思います。

そんなときにオススメなのが、コンセント差込口自体がフレキシブルに動く電源タップです。以下の2つのリンクのうち上のものは、おはよう日本|NHKニュースのコーナー『まちかど情報室』でも紹介されたものです(2015年10月6日(火)| その場に合わせて変えられます)。やはり、自分の環境に合わせて自由に使えるのは便利ですよね。整理収納には、ひじょうに便利なアイテムです。

まとめ

いかがでしょうか。この記事では、以下の3つの電源・配線周りの整理収納方法を確認してきました。いずれも、自分のオススメする電源・配線周りの整理収納方法です。ぜひ自分の今の状況に合わせて、電源と配線の整理収納にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • USB充電をシンプルにまとめて管理する方法
  • スイッチ式電源タップの利用
  • フレキシブルな電源タップの利用
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする