スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味がない悩みをもつ人が、趣味を見つけるための方法

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


出典:http://www.cyclowired.jp/?q=node/85506

趣味は人生を豊かにする!

趣味があると、日々の生活をいきいきと楽しく過ごせますよね!家族や友人、もしくは恋人と過ごす時間だけでなく、1人でも楽しめるような趣味があれば最高ですよね。また、趣味が合う人と一緒に楽しむこともできるでしょう。

しかし、「趣味がない」「趣味が見つからない」という悩みをもっている人は少なくはないと思います。自分も数年前まで悩みの一つでした。趣味という趣味がなく、ただ単にテレビ番組を見ていることもありましたし、「趣味はなに?」と聞かれたときに、少し悩んでしまうこともしばしば。でも、今ではそんな悩みがウソのように、毎日没頭できるほどの趣味があり、楽しい日々を過ごせています。では、趣味を見つけるためには、どのようにすれば良いのでしょうか?ここでは、自分の体験談をもとに、その方法をまとめてみました。

趣味を見つける方法は2通りある!

自分は、趣味を見つける方法は大きく分けて2通りあると思っています。その2つとは、『自分の楽しいと思えることをする趣味』と『今後自分の役に立つことをする趣味』です。多くの人が、前者の『自分の楽しいと思えることをする趣味』に目が行きがちですが、後者の『今後自分の役に立つことをする趣味』も自分はおすすめします。これらの2つの視点から、趣味を見つけてみましょう。

自分の楽しいと思えることをする趣味

この趣味は、一般的な趣味に当たるもので、この趣味をすることで、日常の疲れを癒したり、悩みを忘れさせたりすることができるものです。また、趣味そのものを楽しんだりすることができます。たとえば、外で友人と『テニスをする』、自宅でDVDを借りて『映画を観る』などに当たるものです。

この趣味の場合は、自分のこれまでの経験を振り返ることが大事であると自分は考えています。自分がこれまでやってきたことは、自分が好きでやっていることが多いため、それをそのまま趣味にしてしまうというものです。たとえば、学生時代、テニス部、もしくはテニスサークルで、テニスに打ち込んでいたならば、今後『テニスをする』ことは趣味になりえると思います。その一方で、あえて新しいことにチャレンジするのも面白いかもしれません。『全国の名所巡りをする』『世界の世界遺産を訪問する』なども楽しいかもしれません。悩みととらえるのではなく、前向きに考えてみましょう。

今後自分の役に立つことをする趣味

この趣味は、個人的に自分のおすすめするものですが、日常的にやらなければならないこと、今後役に立つことを趣味にしてしまうことです。この趣味を通して、今後の人生の可能性を広げることができます。具体的には、自分の趣味の一つは、『英語』の勉強です。TOEICやTOEFLなどの『英語』の試験を受けたり、英会話教室に通っていたりしています。正直なところ、最初は『英語』の勉強はしたくなく、むしろ学生時代から避けることに努力をしてきたほどです。しかし、職場で『英語』を使う機会があり、今後もより多くなることが予想されるため、無理やりにでも『英語』を勉強しなければなりませんでした。そこで、自分の考えたことは、『英語』を趣味にしてしまうことだったのです。今では、『英語』の資格試験のスコアと英会話能力の向上を目標に頑張っています。

次に、社会人は常識的に新聞を読まなければなりません。でも、エンジニアの自分には、政治・経済のことには恥ずかしながら疎く、当時あまり楽しいと思えることではありませんでした。そこで、どのようにすれば自分は『新聞を読む』ことを楽しめるのかを考えます。そこで出した結論は、株・投資信託を始めること。これらには、少なくとも世界の経済の話がわかっていなければなりません。そこで、自分は『新聞を読む』ことが習慣化され、『新聞を読む』ことが楽しく感じるようになりました。さすがに、『新聞を読む』ことや『株を運用する』ことが趣味というのは少しおかしな話ですが、楽しんでできていることは間違いありません。

まとめ

いかがでしょうか。趣味を見つける方法はひとつではなく、いろいろな視点で見てみることが重要です。ここでは、その方法を『自分の楽しいと思えることをする趣味』と『今後自分の役に立つことをする趣味』に分けて考えましたが、他にも方法があるのかもしれません。趣味に関して、多くの人の意見を聞くことも重要かもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする