スポンサーリンク

スポンサーリンク

2016年度の就活活動時期は6月から!?経団連が時期を前倒し検討

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


就活
(出典:http://www.bellesalle.co.jp/case/case3_103.html)

来年度の就活解禁は6月!?

2015年10月15日、日本商工会議所の三村明夫会頭は、就職活動における面接をはじめとした選考活動の解禁時期を今年2015年の8月から来年2016年は6月に2か月前倒しする案を提出し、本日16日、経団連の榊原定征会長は、「1つのやり方だと思う」と理解を示しました。榊原定征会長は、「8月だと遅すぎるというのが企業や大学側のアンケートの結果であり、(選考時期の見直しを) やるとすればどこまで早めるかという感じだ」と話しているようです。

経団連は、今年11月に大学生の採用指針を再び見直す予定ですが、2016年度の就職活動は一部修正にとどまり、会社説明会などを含めた抜本的な就活活動時期の見直しは、2017年度以降になるといわれています。

就活解禁8月は、期待に反する結果に・・・

今年度2015年度の就職活動(2016卒)の時期は、これまでの4月ではなく、8月に選考活動が解禁されました。これにより、10月となった今でも、就活生と思われる慣れないスーツを着た学生をみかけることがあります。これは、選考活動の時期を後ろ倒しにすることで、政府の成長戦略に沿った「学業優先」を目的としたものでありますが、経団連に加盟していない外資系企業やベンチャー企業が、経団連の指定した時期よりも早く内々定を出す事態が発生することもあり、逆に就職活動が全体的に長引き、学業に支障をきたす結果になっています。さらに、学生だけでなく企業側の採用担当の多くも混乱しており、「ライバル企業の動向を見ながらの手探り状態。どれだけ学生が来てくれるのか、まったく読めない」などと話しています。

2016年度の就活活動時期はいつになるのでしょうか?
2016年度の就活生は特に、経団連の今後の情報に注目する必要があることでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする