スポンサーリンク

スポンサーリンク

学歴社会の重要性とは?これがメリットだ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


高学歴
(出典:http://yasuda-todai-2011.briefing-paper.com/)

学歴社会とその重要性とは?

一般的に、日本は『学歴社会』といわれることが多いし、実際のところその通りであると思います。就職活動においても転職活動においても人事担当者や面接官は少なくとも学歴を見ますし、そもそもどんなに高い学歴でもどんなに低い学歴でも、自分の履歴書に書かなければならないのです。よく就職活動で「学歴は見ません!」という宣伝文句で採用活動を行っている企業もありますが、実際蓋を開けてみると、『高学歴』な学生ばかりが入社しているなんてこともしばしばありますよね。本当に学歴を見ていないかどうかは、その企業の人事担当者にしかわからないことではありますが、結果だけを見ると『高学歴』の人を採用しているわけです。

この記事は『学歴社会の重要性とは?これがメリットだ!』とちょっと偉そうなタイトルをつけていますが、インターネット上で『学歴社会』に関して、賛否両論さまざまな意見があります。この記事では、あえて「学歴が重要である!」という観点で、それに関連する異なる3つのトピックを記載しています。

幼少時代の生活・本来の性格が映る

一見『高学歴』と『幼少時代の生活・本来の性格』は結び付かいないように思えます。しかし、順を追って『高学歴』な人を紐解いていくと、その関連性が浮き彫りになってきます。まず、『高学歴』であることは、以下に述べる2つの要素のうち、少なくとも一方が保証されているということができます。

  • いわゆる持頭が良い
  • 努力家である

『高学歴』に関していえば、そもそも持頭が良ければ、その『高学歴』な大学に入学できる可能性が高いでしょう。一方、持頭がそれほど良くないとしても、頑張って努力して『高学歴』な大学に入学した証明になるのです。これらのことは、どちらをとっても企業にとって成果が期待できる良い人材ですよね?特に、幼少時代は、その人間の本来の考え方がそのまま出ますからね。子供は素直ですから。勉強をそっちのけで遊んじゃう子供もいれば、将来のことを考えて一生懸命勉強する子供もいるわけです。

やはり企業側も、『勉強を途中であきらめた人』、『なあなあに勉強をやってきた人』、『勉強をやってきたけど成果が出なかった人』は取りたくはないのです。なぜならば、その人が将来、『仕事を途中であきらめる人』、『なあなあに仕事をやる人』、『仕事をやるけど成果が出ない人』になる可能性があるためです。特に、『勉強を途中であきらめた人』に関していえば、就職後まだ間もない早い段階でその人に離職されたならば、企業にとって大きな痛手になります。それならば、上記に挙げた『いわゆる持頭が良い人』『努力家である人』のどちらかが保証されている『高学歴』な人をとるほうが、採用においてリスクが少ないわけです。

体育会系が強い理由は、学歴社会と一緒!?

ただ、『学歴社会』に関連して『勉強』を例にとりましたが、正確には『勉強』というよりも、ある一つのことに対してどれだけ熱心にやってきたか、そして最終的には成果に結び付けられたかが重要なのです。あくまでも、学歴はただその一つの指標に過ぎません。

よく就活でも「体育会系が強い!」なんていわれますよね?上記で『勉強』を熱心にしてきた人を『学歴社会』になぞらえて記事に書きましたが、その『勉強』を『部活』に置き換えたものになります。『学歴社会』と同様で、体育会系の部活でどれだけ熱心にやってきたか、そして最終的には成果に結び付けられたかが重要です。しかも、体育会系の部活は日々の練習がハードでつらいものです。その厳しい環境を乗り越えてきた人は、社会に出ても、仕事で大変なことや難しいことでも乗り越えていけることが期待できます。

こう考えると、ある一つのことに最後まで努力せずに、もしくは結果を出すことのできなかった人が、しかも特に嫌いな『勉強』に敏感な人が、『学歴社会』に対して不満をこぼすのではないかと考えられます。『勉強』だけではないのです。重要なことは、一つのことに努力して、結果を出すことなのです。

人間性は重要だが、大きな指標ではない

『学歴社会』に勝つために、人間性を前面に出す人も少なくはないのでしょうか?たしかに、社会で生活するうえで、人間性は重要であり、人事担当者や面接官も重要視することであると思います。しかし、この人間性は重要ではありますが、『学歴社会』には勝てないのです。

なぜならば、『高学歴』な人でも『出来ている人間』はたくさんいるのです。むしろ、『高学歴』の人のなかから、この人間性の良い人材を採っていると思います。そもそも、人間性を前面に出しても、面接時だけの偽りの人間の可能性もあるわけで、人間性は『学歴社会』を超える指標にはなりえないと思われます。

まとめ

最も重要なことは、一つのことに努力して、結果を出すことなのです。『学歴社会』は、それを判断する一つの指標に過ぎません。そのため、もちろん『勉強』という観点で、最後までやり通したことを示す『高学歴』であるということは、ひじょうに重要なことであるといえます。自分は『学歴社会』は、その人の本来の姿をみるためにあるものと考えています。子供のときの考え方が、本来のその人の考え方なのです。『学歴社会』の大きなメリットは、簡単に努力家を見分ける判別方法にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする