スポンサーリンク

スポンサーリンク

中小企業診断士 | 第2次試験筆記試験 | ファイナルペーパー | 事例II | 2016

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

◆ 中小企業診断士試験の定石

□ 差別化戦略!(規模の経済では、大手には敵わない)
⇒ 「こだわりの商品」/「高付加価値化」/「プライベートブランド」/「地域ブランド(関係強化、積極購入につながる)」/「地産地消」/「産学提携」/「地域産業との共同開発」/「関係性マーケティング」
⇒ 「何を実施するか」だけでなく、「どこに対して実施するか」も重要な要素
業界の簡潔な記述 ⇒ B社の記述を探して比較する

□ 顧客ニーズ・嗜好の変化に注目!(環境変化)環境変化に応じた標的市場の設定最適なマーケティングミックスの実施
⇒ 過去問の研究により、根本的な考え方の把握・安定した対応の習得

◆ 基本的なパターン

① 競合他社に対する競争優位の構築 / ② 顧客ニーズに応えるためのマーケティング策(4P)

◆ 事例問題のつくり

□ 問題本文に回答するための根拠が明確に書かれていることが多い/対応付けを間違えると得点にならない/「対応付けまでが勝負」

□ ターゲットセグメント・新規事業戦略

◆ 近年の傾向

□ 知識・類推も交えて回答を作成する問題も出題

□ 問題要求の複雑化・長文化

□ 要求シンプル & 要求と与件文を対応付けるスキル(具体的な記述が大切)

◆ 今後の取り組み

「顧客ニーズへの対応」/「潜在顧客の発掘」/「過去の成功体験の応用」/「他社の成功事例の応用」など

◆ 新規顧客へのアプローチ

□ 「体験」⇒「高評価」⇒「口コミ」⇒「顧客増大」

◆ 戦略系・マーケティング戦略に関連する問題

□ 「戦略、誰に、何を、どのように、効果」を要素として盛り込むこと(戦略 ⇒ 「差別化戦略」「市場浸透戦略」「新製品戦略」など)

□ 経営資源の活用 ⇒ 実現性の高いものが得点高い?

◆ 利用できる考え方

「コラボ」/「同時購入」/「体験会・イベントの開催」/「割引クーポンの配布」/「DM」/「知名度向上」/「コンセプトに合致」/「差別化」/「将来の利用客」/「ホームページに顧客の声」/「無形財 ⇒ 可視化」/「売上=単価×客数」/「限定商品」/「すみ分け」/「メニュー開発」/「店づくり」/「口コミ」/「レベルに応じた商品」/「活性化」/「関係強化」/「人材・場所の制約」/「紹介制度」

□ ちょっとしたことでも与件文の要素を丁寧に組み合わせて回答

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする