スポンサーリンク

スポンサーリンク

ローソク足の組み合わせパターンの効率的かつ効果的な覚え方

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


ローソク足

ローソク足は、基本中の基本

皆さんは、普段銘柄を売買するときには、ローソク足を参考にしますか?買うタイミングや売るタイミングで参考程度に考慮する人も結構いるかもしれませんね。一方で、これまで投資暦の長い人ほど、あまり気にしなくなるのかな?とも思います。もちろん、ほかの指標を用いたり、中長期で投資したりという意味でです。

しかし、多くの投資家がわかっているように、ローソク足はチャートを読むうえでは、基本中の基本のことてす。そのため、「これから投資を始めるという人」はもちろん、ローソク足の基本的な組み合わせパターンとその意味を「しっかりと覚え切れていない人」は、もう一度簡単に復習してしまうことをおすすめします。これは、このローソク足だけに限らず、大切なことですよね。

この記事『ローソク足の組み合わせパターンの効率的かつ効果的な覚え方』では、多くのローソク足の組み合わせパターンが存在するなか、それらを効率よくまとめて覚えられれる方法を記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。日にちを空けて三回くらい見れば、おそらく頭のなかにスッと入ってくると思います。

ローソク足の効率的かつ効果的な覚え方とは

では、ここで本題ですが、ローソク足の組み合わせを効率的かつ効果的に覚える方法は、意味は180度異なりますが、同じ形状のローソク足の組み合わせパターンをまとめて覚えてしまう方法です。すなわち、「相場天井圏での売りシグナル」と「相場底値圏での買いシグナル」をグループごとに一度に覚えてしまうことです。表としてまとめるのを個々人がやるのも大変かなとも思いますので、この記事に一覧としてまとめてみましたので、ぜひご活用ください。

階段状タイプ

買いシグナル 売りシグナル
赤三兵 黒三兵(三羽烏)
三空叩き込み 三空踏み上げ

かぶせ線タイプ

買いシグナル 売りシグナル
逆襲の陽線 かぶせ線

はらみ線タイプ

買いシグナル 売りシグナル
はらみ線 | 陰の陽はらみ はらみ線 | 陽の陰はらみ
はらみ寄せ線 | 下落相場 はらみ寄せ線 | 上昇相場

抱き線タイプ

買いシグナル 売りシグナル
抱きの一本立ち 最後の抱き線

捨て子線タイプ

買いシグナル 売りシグナル
捨て子線 | 下落相場 捨て子線 | 上昇相場
三川明けの明星 三川宵の明星

そのほかのタイプ

買いシグナル 売りシグナル
毛抜き底 毛抜き天井
寄り切り線 | 陽の寄り切り線 寄り切り線 | 陰の寄り切り線

まとめ

いかがでしょうか?グループとして、すなわち意味のカタマリとして覚えてしまうと、かなり覚えやすいですよね。これは、英単語の派生語を同時に覚えてしまうのと、全く同じ原理です。ローソク足の基本は、このほかにも以下のページにもまとめていますので、もし興味があったら確認してみてください。

ローソク足講座
ローソク足講座へようこそ! 『ローソク足』とは、株式投資やFXをはじめとしたチャートを構成する一つの要素であり、そのときの相場の値動きを時系列として表す手...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする