スポンサーリンク

スポンサーリンク

アフィリエイトで1記事当たりの滞在時間を伸ばす方法とは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


https://pixabay.com/
(出典:[Unsplash] https://pixabay.com/)

滞在時間の重要性とは

アフィリエイトにおいて、1記事当たりの滞在時間はとても重要です。この滞在時間の重要性を知っているからこそ、皆さんはおそらくこの記事を訪れているのだと思います。記事の滞在時間が長ければ長いほど、その記事の価値は高いものであると、Googleのアルゴリズムは判断しているといわれています。実際のアルゴリズムは非公開なので、これは推測でしかありませんが、以前のパンダアップデートをはじめとしたアップデートから、これまで絶大な力をもっていた被リンクの重要性は低下し、訪問者が読んでしまうような価値のあるコンテンツに評価が高くつけられるようになったといわれています。

滞在時間を伸ばす方法とは

このように滞在時間の長さが評価の一つとなると、その時間を伸ばしたいと思うのは、アフィリエイトをしている人にとっては普通の心理でしょう。この記事『アフィリエイトで1記事当たりの滞在時間を伸ばす方法とは?』では、訪問者の滞在時間を伸ばすコツを記載していますので、参考にできる部分はぜひ参考にしてみてください。

文字数を増やすこと

まずは、シンプルに文字数を増やすことです。日本人の平均読了文字数は、400〜600文字/分といわれています。そのため、たとえば、1記事当たり3分間の滞在時間を目指すならば、単純計算で、1記事当たり1,200〜1,800文字を書く必要があることになります。よくアフィリエイトにおいて、700〜1,000文字は少なくともほしいなどといわれていますよね?あれは、滞在時間の重要性の観点からは正論であり、単に文字数が少なくなると、記事の滞在時間が短くなってしまうからに他なりません。皆さんもある記事を読み終わったら、その記事にいる意味はないと思うことでしょう。そういうことなのです。しかし、文字数が増えただけでは滞在時間を伸ばすことにつながるとは限りません。

ここで難しいことは、必ずしも訪問者が最後まで記事を読んでくれるかわからないということです。皆さんも、もしかしたらここまで読んで、この記事を読むことをやめてしまうかもしれません。ここで大切なことは、『価値のある記事』を書くこと、あるいは『読んでいて楽しい記事』を書くことです。人は、意味のある行動をとります。そのため、記事を読む行為も、自分のほしい情報を求めていたり、有意義なものでなくとも楽しむことができたり、必ず何かしらの意味をもっています。おそらくこの記事を読んでいる人は、この記事をここで読むことをやめないと思います。それは、このあとの情報を知りたいと思うからです。もしいま読むことをやめないとすると、この記事には何かしらの価値が存在し、アフィリエイトに対して研究熱心な人は、そのノウハウを探すことでしょう。

画像・動画を入れること

人は、文字情報だけだとどうしても疲れてきます。画像を文章間に入れてあげるだけで、記事の臨場感が増し、訪問者も読む気になります。多くのサイトやブログが画像を入れているのはそのためであり、皆さんも画像がある方が読みやすいと思うことでしょう。おそらく、いままさにこの記事を読んでいる皆さんは、文字情報を目で追うのに、疲れ始めていることと思います。このように、やはり文字を読むのも疲労するものなのです。ただし、注意すべきことは、記事に画像を入れすぎると、記事がうるさく見えてしまうだけでなく、アドセンスをはじめとしたアフィリエイトリンクをクリックしてくれない可能性が高くなります。それは、アドセンスも訪問者の選好に合わせた広告が表示されるため、同じような内容の画像が並んでしまいます。つまり、一つの画像を見るように、そのままスルーしてしまうことも多いのです。文字と画像のバランスを考えて、画像を効果的に入れていきたいところです。

動画を入れることは、画像を入れること以上に効果的なことです。その理由は、動画視聴中は、もちろん記事の滞在時間を稼ぐことができるためです。さらに、いまでは多くの動画コンテンツがYouTubeにアップロードされています。ここで注意したいことは、無関係な動画は見向きもされないどころか、自分の運営するウェブサイトに対して悪いイメージをもたらすので、無理することなく関係する動画があれば記事に入れておくというスタンスでいることがおすすめです。なお、動画を挿入すると、以下のようなかんじになります。特に、数分程度の短めの動画コンテンツだとしっかり最後まで見てくれる可能性が高いのでおすすめ。わざわざ検索して来てくれる訪問者は、その内容にひじょうに興味があるため、基本的には動画コンテンツまで見てくれると思います。記事の内容もさることながら、動画コンテンツも慎重に選んでいきたいところです。

まとめ

皆さんは、おそらくざっとこの記事を読んでしまったと思います。しかし、それはその時間を使っただけの情報がいま頭の中に入っていることを意味しています。おそらく今回動画を観てくれていない人が多いかと思いますが、実際の記事では、動画まで観てくれる人もいるので、その分滞在時間を伸ばすことが期待できます。

ちなみに、この記事の文字数は、2,285文字です。皆さんは、この記事を読むのに何分かかったでしょうか?自分の書いた記事については、当然ながら記事の内容を熟知しているので読むスピードははやくなります。そのため、この記事に限らず、自分以外の人が書いた多くの記事で、読み終わるのにどのくらいの時間が必要であるのかをはかったり、実際の滞在時間を意識したりすると良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする