スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうしても会社辞めたい新人の選択肢は、社内異動と第二新卒転職のみ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


https://www.pakutaso.com/

まず「会社辞めたい」理由を整理する

あなたは、いまズバリ「会社辞めたい」思っていますか?いまの会社で、やりがいを持って仕事ができていますか?もし新卒新人の人で「会社辞めたい」と思っているならば、まず第一に

その理由を自分の頭のなかで整理すべき

です。給料が低い?労働時間が長い?給料/労働時間が低い?転勤が多い?人間関係?など、人それぞれ「会社辞めたい」理由は異なると思います。

もし何かしらのトラブルで一時的に熱くなっている場合には、とりあえずは頭を冷やすことをおすすめします。仮にいまあなたがその状況であるならば、

今後を見据えた冷静な判断なんて全くできたもんじゃないですよ。

冷静になっても「会社辞めたい」ことが変わらないならば、早期治療ではないですが、早期に対応すべきです。

「会社辞めたい」新卒新人が採るべき行動の選択肢は2つだけ。

「会社辞めたい」新卒新人が採るべき行動の選択肢は、はっきり言って2つしかありません。よくよく考えてみれば、誰でもその通りだなと思うと思います。いま置かれている状況を納得できずにダラダラと引きずることは、時間の無駄以外何者でもありませんし、何よりもストレスの原因となります。仕事だけじゃなくて、

プライベートも全く楽しめない状況にも陥りますよ。

仕事はお金をもらってやっているところがあるので、仮に楽しめなくても良いとしても、プライベート楽しめなかったらどうするのよ!?これからの長い人生を考えると、もうこの2つの選択肢のうちどちらかを選ぶしかないのです。

その2つとは、『会社内で部署の異動を考える』と『第二新卒転職の選択肢を採る』です。行動を起こして職場の外を知って、いまの職場について初めて知ることもありますので、とにかく行動を起こすことが重要。実際に行動を起こし始めて、たとえば、ほかの部署について調べたり、第二新卒用の転職サイトに登録したりしても、まだまだ決断のときではないですからね。

そこから身構えていてどうするのよ!?

会社内で部署の異動を考える

同じ会社でも、部署によって全く異なりますよ。雰囲気、人柄などどれをとっても全然違います。先輩や同期に話を聞いてみても、それはわかると思います。あなたの会社に社内募集制度のある場合には、部署の異動を自主的にできると思うので、その選択肢を考えるのも一つの手です。その場合には、自社サイトに社内募集のページがあると思いますので、とりあえず調べてみてください。少しずつでも良いので、

実際に動き出すことが大切

なのです。もし社内募集制度のない場合には、次に述べる選択肢を考える必要があります。

第二新卒転職の選択肢を採る

もし「社内募集制度がない」「部署の異動すらも考えられない」「この際、異なる業界・職種を考えたい」場合には、いまの仕事からの転職を考えることをおすすめします。そのため、まずその会社を辞める前に、転職の準備をしておきましょう。まだ若い新卒新人ならば、第二新卒枠の転職を利用することができます。第二新卒枠とは、社会人経験があるものの、新卒として採用するというもの。つまり、普通の転職では実績やスキルが必要ですが、第二新卒では、それらを問わないというもの。ちなみに、なぜ会社を辞める前に、転職の準備をする必要があるのかというと、

転職をする決断をしたとしても、受かるかどうかは正直わかりませんよ。だから、早めに行動したほうが良いのです。

また、会社をやめてから転職活動をすることはリスク以外の何者でもありません。

第二新卒枠の転職サイト一覧

第二新卒枠で転職を考える場合には、まず転職サイトの登録をしておく必要があります。行動を起こしてみると、新たな出会いや発見があるものですよ。良い会社に出会うことができる可能性ももちろんありますし、もし実際に第二新卒の転職に飛び出してみて、転職を思いとどまることがあるならば、その気持ちは、いまの会社で頑張る原動力にもなります。職場の外を知ってからわかることもあります。職場の外も何も知らずに、いま不満を抱えたままダラダラいろいろ考えるよりは、職場の外を知って、その結果会社にとどまるならば、そっちのほうが全然良いですよ。コレは何度も言いますけどね。

「会社を辞めたい」と思っている以上は、あなたがもう納得できるまで行動するしかない

のです。

これまでも述べてきたように、実際に動き出すことが大切なので、この記事では、そのスタートとなる第二新卒枠の転職サイトを載せています。これらは、第二新卒のためだけに特化したサイトなので、サイトの仲介業者は、第二新卒の選択肢を採る人の気持ちもわかりますし、親身に相談にも乗ってくれます。やはりそれぞれの転職サイトで扱っている会社が異なるため、とりあえずザッと登録してみたほうが良いです。なぜならば、自分で会社の選択範囲を狭めることはないですよ。登録ができたら、早い段階で説明会やセミナーに参加してみることをおすすめします。そこで、まず自分の気持ち・考えに変化が表れます。

残念ながら、いまの状態で時間をかけても結果に変化は起きません

からね。なぜならば、自分では考えているように思えても、その考えるための材料・情報量が変わらないからです。答えが出ないのは、情報が足りていないからです。そのため、少なくとも転職の説明会に参加してから考えたほうが良いです。

第二新卒ナビ

まさに名前からしてもわかる通り、第二新卒に特化した転職サイトで、第二新卒枠としてはとても有名です。会社を辞めてから第二新卒はリスクであり大きなプレッシャーになりますので、現職にとどまり、『在職中の第二新卒向け転職サービス』のほうを選択してください。また、第二新卒という選択肢を考える人向けにプロがコンサルティングも行っているので、親身に相談に乗ってくれる点が良いです。この『第二新卒ナビ』は、ブラック企業をあらかじめ取り除いていますので、ひじょうに安心です。

⇒ 既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

マイナビジョブ20’s

就活でもお馴染みだった『マイナビ』です。『マイナビ』は、新卒向けだけでなく、第二新卒向けに特化したサービスも立ち上げています。『マイナビ』は、第二新卒のなかでも、これまでの社会人経験年数に応じた対応をしてくれます。さらに、月に1回と定期的に全国規模で相談会を実施しています。

マイナビジョブ20’S

いい就職.com

既卒・第二新卒向けに特化したサービスです。2016年6月現在で、約14万人が利用しており、第二新卒向けの転職サイトとしては、かなり大きいサービスです。勉強会・セミナーなどももちろん定期的に開催されています。

第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

ハタラクティブ

『ハタラクティブ』は、もともとはフリーター向けに設立された求人サイトでした。しかし、最近は、既卒・第二新卒向けにもサービスを展開しています。もともとフリーター向けだったこともあり、『ハタラクティブ』だからこその非公開求人も多くあります。そのほかのサービスと組み合わせて利用することがおすすめです。

【ハタラクティブ】

まとめ

「会社辞めたい」新卒新人は、その環境を打開するために、行動を起こすべきです。その起こす行動は、以下の2つしか選択肢はありません。

  • 部署異動の選択 ⇒ 自社サイトの確認
  • 第二新卒枠転職 ⇒ まずは『登録』

自分の置かれている状況に応じて、どちらかの選択肢を採ることが大切です。いまダラダラと悩んでいても答えは見つかりませんよ。なぜならば、

職場のなかに答えを見つけようとしていて、その職場の外を知らないからです。

視野が狭くなってしまっているともいえます。まずは勇気を持って行動することをおすすめします。この記事では、その最初の一歩までサポートしていますが、まだ部署異動や転職をするかどうかを最終的に決断するときではありません。

実際に部署の人やほかの会社の人の話を聞いて、自分自身が決断することなります。

自分の幅を自ら狭めることなく、思い切ってスタートをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする